読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ガッチャマンクラウズ』やっぱりおもしろかった!ので感想を書きます

『ガッチャマンクラウズ』はやっぱりおもしろかった!のつづき。

ここは酷いインターネッツですね

物語序盤でGALAXをみて覚えた「きな臭さ」や「なんか怖い」という感情は、インターネットでちいさな諍いがたくさん起こっていることを知っているからだよね。人間はみんなが「いいひと」じゃないことを知ってるから。

モンハン4でも初心者さんの部屋で悪事働く人もいれば、「はちみつください」って言ってくるやつもいるし(もえるごみか虫の死骸を渡す)。ネットワークを繋いで知らない人とゲームを一緒にやるのは殆ど初めてなんだけど(FFとかMMORPGとかやったことない。モンハンフロンティアもやってない)、まあそんなもんだし、個人的には地雷とかふんたーさん*1とか言われる人もいて、そこも含めておもしろくて好きだ。ああ、関係ない話になった!

なんというか累の行動のねっこは性善説で、本気でインターネットで無血革命を起こそうとしているところも不安定な気持ちになってきて、もやもやってなる。

中村監督の放送前のメッセージをもう一度引用します(大事なことなので)。

世界は今、2つの新たな局面に差し掛かっています。

1つ目は、有史以来初めて、僕らの心がネットにより可視化された事。
可視化された心が起こす様々な問題や騒動をどう捉えていいか解らず、
個人も社会もただただ戸惑っています。

2つ目は、拡大した僕らの世界はあらゆる分野が細かく専門化され、
1人の人間ではその全容を理解する事が不可能になっている事。
それでも僕らは、1人の優秀なリーダーが全てを抱えてくれると盲信しています。

この2つの事象は偶然なのでしょうか?

可視化された僕らの心は、何か良い事にも使えるのではないでしょうか?
その事を考え、『GATCHAMAN CROWDS』という作品を描きたいと思います。

「可視化された僕らの心は、何か良い事にも使えるのではないでしょうか?」の答えは?

『GALAX』ですよね。でも完璧じゃなかった。

物語序盤のはじめちゃんは、「それって本当に正しいの?」「それって本当に悪いことなの?」って清音を通して語りかけてくる。清音が電車で席を譲らない若者に対してイライラしてると「でもあの人、すっごくお腹痛いけど無理して通勤してるのかもしれないッスよー」「すっごい疲れてるのかもしれないッス」って問いかけてくる。

累も最初は自分の判断で人を動かすことばかり考えていたけど、最終的に判断をユーザーに委ねたように、「考え方のちがう登場人物たちがたくさん用意したからあとはお前らで考えろよ」ってことだな~と思って楽しく見てました。

ゲーミフィケーション

11話のサブタイトルにも使われていた『Gamification』だけど、これに関しての累の「おにぎりゲーム」は直接的すぎるなーと思ってしまいました。そこが重要なわけではないからいいのかもだけど。

ゲーミフィケーションで重要だと言われていることはかなりクリアしてる気がするけど、「食料が足りない!」「じゃあみんなでおにぎり握っちゃおうよ!たくさん握ったらポイントあげるよ!ゲームスタート!」はどうなんだ!(笑)。

(1)自ら達成したいと感じさせるための「しつこいまでの楽観性」
(2)あまり負荷をかけずに新しい能力が得られていく「至福の生産性」
(3)ユーザー同士が自分の居場所を確かめられて、それが次のモチベーションを生み出す「ソーシャル性」
(4)未来や世界といった壮大なスケールを持ち、関わることが楽しくなる「ストーリー性」

ゲームで社会をよくする「ゲーミフィケーション」  :日本経済新聞

幸せな未来は「ゲーム」が創る

幸せな未来は「ゲーム」が創る

私自身はガッチャマンクラウズを見て「人助けにゲーミフィケーションなんて!」とは思わなかったけれど、インセンティブがないとモチベーションあがってこないよっていうのが「見えてきた」のかなあ、と。

カッツェのは悪いことをしたらポイントが貰えて、累のは良いことをしたらポイントが貰える。ほんとそんだけの話で、使い方というか設計次第で人間どうとでもなっちゃう。魔法石もらいたいんでしょ。あたしもハンターランクあげたいよ。

正直ラストに関しては、ちょっと間に合わなかったんじゃないの?と思っているんですがどうなんでしょう?

土下座流行ってる

まだちょっとびっくりできる話があるらしいんじゃぞ

『13話』とかだったら嬉しいなあ、そうだったらブルーレイボックス買っちゃう。

まとめ

ガッチャマンクラウズ、ほんとに楽しかった! たくさんブログ書いてる人の記事見るのも楽しかった! 私が書くことなんか全くないくらいたくさん良い文章みました。

ちなみにガッチャマンとして見なかったから(本物のガッチャマン見てないし)良かったのかもなって思います。ガッチャマンって冠ついちゃってるからもうダメかもだけど、まだ見てない人は日テレオンデマンドに課金してみてみてくださいな。

秘密結社じゃない、今の時代の敵と戦ってる登場人物たちが見れると思います。5人の少年少女じゃない、今の時代のヒーローってなんだろうって考えることが出来ると思います。

あと、内田真礼ちゃんが歌ってるED、どうやらサントラに入ってるらしいので欲しいなあ。

GATCHAMAN CROWDS   Blu-ray BOX

GATCHAMAN CROWDS Blu-ray BOX

ガッチャマン クラウズ キナコデザインワークス

ガッチャマン クラウズ キナコデザインワークス